運営:ごとう司法書士事務所、株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~19:00
定休日:土・日・祝
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

担保不動産を金融機関等は、最終的には競売手続きで現金に換価して債権を回収します。「競売(けいばい)」という言葉は聞いたことがある人も多いでしょう。ここでは、何となく聞いたことのある競売と任意売却を比較しながらわかりやすく解説します。

また「差押え」というキーワードも登場します。何だか怖いこの「競売」と「差押え」について正しい理解をして賢い選択をするようにしましょう。

競売を理解することで任意売却の理解も深まります。どちらが良いのか判断する材料にもなるはずです。ぜひご参考にしてみて下さい。

不動産競売手続き入門

  • 1
    そもそも不動産競売手続きとは?

競売という言葉は、一度は皆さん聞いたことのある言葉だと思います。テレビや映画等でも耳にします。でもいったい誰がどのようにする手続きなのでしょうか?所有者は何か意見が言えるのでしょうか?

債務者が住宅ローン等の支払いができなくなると、お金を貸した金融機関は、抵当にとった不動産から債権回収をしようとします。その場合、所有者が協力すれば任意売却という選択も出てきますが、仮に所有者等が反対をしたり非協力的な場合は、裁判所に担保不動産の競売手続きを申し立てて処理しようとします。

金融機関が抵当権に基づいて強制的に不動産を売却してしまう手続きが競売です。その手続きの申立ても債務者や所有者不在で、金融機関主導で手続きをすることが可能です。中には、債務者が夜逃げをして、債権者に勝手に売られてしまった場合もあります。

裁判所へ競売の申立てがされて競売開始決定が下りると、不動産に差押えの登記申請が裁判所の嘱託によりなされます。

  • 2
    差押えとは?

競売と同じように「差押え」という言葉も同じような場面でよく聞く言葉です。何のために差押えは行われるのでしょうか?

不動産の差押えは、登記されます。この登記に意味があるのです。一般的に登記は早い者勝ちと言われます。この競売の差し押さえ登記の場面においても同じことが言えます。

登記簿は、誰でも手数料を払えば見ることができるものです。個人情報だからそんなはずはないと誤解される方もいますが、国民の重要な財産である不動産に関しては、取引の安全性確保の要請から誰でも調べることができるのです。

つまり、差押え登記は、競売手続き中であることを公示して、取引に入ろうとする者への警告でもあります。第三者が差押え登記後に所有権を売買や贈与で取得しても競売における買受人には勝てません。所有権を主張することができないのです。通常、不動産取引を行うものは登記事項をチェックしますので、それを知らずに取引をしても保護されません。

  • 3
    不動産競売手続きの流れ

裁判所の申立てをしてスタートする競売ですが、実際にはどのような流れで進んでいくのでしょうか。基本的な流れは以下のとおりです。比較として任意売却についてもご覧下さい。

【担保不動産の競売手続きの流れ】

① 裁判所への担保不動産の競売手続き申立て

② 差押え登記

③ 換価手続きとしての売却

④ 売却代金を債権者へ配る配当手続き

【任意売却の流れ】

① 専門家への相談及び売却方針の決定

② 債権者の合意

③ 換価手続きとしての売却

④ 売却代金を債権者へ配る配当手続き

 

【任意売却との比較】

担保不動産の競売手続きと任意売却を比較すると、かなり似ていることに気がつくと思います。売却することを裁判所を使った法的手続きとして行うのか、裁判外で柔軟に行うのか。その違いです。ただし、債務者の方や所有者の方が得られるメリットはかなり違います。任意売却は、債務整理を有利に進めるためには、ぜひ検討したい手続きです。

どうせ自宅が売られるならと投げやりになってしまう気持ちもわかりますが、債務・借金をうまく処理することは債務者の方の再起を果たすためにはかかせません。うまく売却すればそのまま住み続けられる可能性だってあるのです。債務者主導で問題解決を図るためにも、あきらめずに最後までさまざまな可能性を探るようにしましょう。

次に何が起こるかわからないような不安にならないためにも、任意売却を行い、しっかりと道筋を立てて問題の解決にあたることはとても重要です。これまでお金のストレスでいっぱいいっぱいのはずですから、専門家に依頼した後は安心して家族や仕事など生活の基盤を整えるようにして下さい。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談はこちら

0120-290-939
受付時間
9:00~19:00
定休日
土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-290-939

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。