借金問題 債務整理相談室 名古屋 HOME > 不動産売却を検討されている方へ(任意売却)

不動産売却を検討されている方へ(任意売却)

不動産売却を検討されている方へ(任意売却)のイメージ

任意売却と競売の違い

任意売却と競売の違いのイメージ

借金の金額が大きく、支払いに行き詰まってしまった場合には、お手持ちの資産である不動産を売却して借金の返済に充てることを検討する必要があります。
任意売却は、通常の不動産売買と同じように、買主を探して不動産を売却する方法です。

借金による不動産売却の選択肢として、裁判所に申し立てを行い、入札で不動産売却を進める「競売」もあります。しかし競売は、任意売却よりも価格が安くなりがちです。また競売は、売却が決まった時点で強制的に家を出なければなりませんが、任意売却であれば、家を出るタイミングがある程度予測でき、引越代も捻出できるというメリットがあります。
いずれにしろ、ほとんどの人はマイホームに思い入れがあり、家を売却することには抵抗があるものです。その気持ちを整理できるかが任意売却のポイントでもあります。

当事務所に任意売却を依頼するメリット

当事務所に任意売却を依頼するメリットのイメージ

不動産に抵当権や担保権などが付いている場合、あらかじめ抵当権者・担保権者と交渉し、担保権を抹消しないと不動産は売却できません。その手続きには、一定以上の法律の知識と経験が必要です。当事務所は、宅建(宅地建物取引主任者)の資格を持つ司法書士事務所ですので、知識と経験には自信があります。

また任意売却を希望される方は、さまざまな借金を抱えている場合がほとんどです。債務整理は、借金の全体像を把握して進めることが重要です。債務整理で不動産の売却を検討される場合、当事務所なら1つの窓口でご相談をお受けできますので、お客さまにかかる負担を大幅に減らすことができます。

Google+