自己破産

2012年8月 7日 火曜日

破産と自宅【春日井市で自己破産や住宅ローンの相談なら】

住宅を所有している人が自己破産をする場合、不動産は財産となります。
高額な財産を持ったまま破産はできません。
通常、それを売って、債権者へ支払いなさいということになりますので。

住宅ローンがあって、不動産の価値より住宅ローン残高が大きくオーバーローン状態であれば、任意売却等で売却をして、残った債務について担保権者に債権届出をしてもらいます。

いずれにしても、通常そのまま所有して自己破産をすることはできません。
これまでどおり自宅を利用する為の代替方法もありますが、基本的には難しいと言えます。

そうなると、引っ越し費用等も出してもらえる可能性がある任意売却で、素直に売却に同意する方が得策です。
賃貸等で次の生活拠点を探して、破産で借金もチャラにして心機一転スタートできます。

詳しい話を聞きたい方は、一度ご相談下さい。

平成24年8月7日


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google+