過払い金

2012年11月 2日 金曜日

カードを貸していたら・・・【名古屋市東区で過払い金の相談ならお任せ下さい】

債務整理過払い金相談でたまにあるのが、契約名義は自分だけど、実際使っていたのは別の人というケースです。
カードを貸していた状態です。
使っていた人が借りたり、返したりを繰り返したんでしょうが、昨今の不況で返済ができなくなり、ある日突然本人に請求が来る。
そんな話をお聞きします。
夫婦間でもたまにあるケースです。

基本的には、契約名義人の方が返済や過払い金請求を行っていくことになります。
実際に誰が借りて、返済していたかなんてわかりませんからね。
返済は親が代わりにしていた。
なんて話もたまにあります。

契約者ご本人様であれば、問題ありませんので、該当する方は一度ご相談下さい。

平成24年11月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+