個人再生

2013年7月22日 月曜日

自宅を持った人の個人再生ならごとう司法書士事務所(名古屋)/不動産の評価方法

最近は、個人再生や破産のご相談が寄せられています。

いずれの手続きでも自宅・不動産をお持ちの場合、財産となりその価値がいくらかを明らかにしていきます。

通常は、不動産業者の査定書を利用しますが、不動産鑑定士さんの査定書(簡易査定等)を利用するときもあります。
とはいえ、基本的には流通価格です。

固定資産税の評価額や路線価等もありますが、こちらは参考程度です。

特に、抵当権等の担保権者がいると、やっぱり実際いくらで売れて、自分がいくら回収できるのか。
そこにしか興味はないでしょうから。

金融機関は、お金を回収するときはシビアですよ~。
金融機関を信用しすぎるのは危険です。経済情勢や会社の方針でコロッと態度を変えるので。
そこで働くバンカーの人たちも大変でしょうが。。。

平成25年7月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+