過払い金

2013年8月26日 月曜日

過払い金の事ならごとう司法書士事務所(一宮市)/現場では・・・

今日は、午後から外回りをしました。
雨が一瞬あがった夕方です。

写真はい愛知県庁です。

事務所に近くは、名古屋市役所、名古屋城などなど名所があります。
春には桜もこの辺りはきれいです。

さて、債務整理をしていてたまに言われる一言があります。
「法律の立場からはそうでしょうが・・・実際は違うでしょ。」

ごもっともです。

正直、そう言いたくなる時があります。

法律と現場の乖離は、債務整理や過払い金の請求に限らず、相続等あらゆる場面で起こります。
その都度、私たちは、何とか現行の法律を使って依頼者の意向にそえる結果を導き出せないのかと常に頭を悩ませます。

日本が法治国家である以上、現実は違うからと言って、法律を無視してもどうしようもありません。
みんなが適用される共通のルール、それが法律ですから、仕方ありません。

専門家のやり方も、その辺りは差が出ると思います。
過払い金をいつどれくらい回収するのが適切なのか。一緒になって判断の手助けをしてほしいですよね。

どこまで、一緒に考えて悩んでくれるのか。
やっぱり、自分が信用できる人に依頼するのが一番です。

平成25年8月26日
 



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+