債務整理の相談

2013年9月10日 火曜日

借金問題の解決方法ならお任せ下さい(小牧市)/借金の金額

先日ある相談を受けました。

以前任意整理をした人でした。
少し返済が厳しくなってきたので、個人再生か破産はできないかという内容でした。

どのような状態なら破産できるのか。
実は、一律、いくらの借金額なら破産できるという決まりではないんです。

返済不能状態が破産。
返済不能状態の一歩手前、このままでは近い将来返済不能状態になる、これが個人再生。
こんな感じです。

では返済不能状態とはなんでしょうか。

ある専門書では収入の3分の1程度の借金なら破産状態と書いて買った本もありました。
ただ、目安としては、家計の中身をチェックして、削れるだけ削っても返済に回すお金がない。
これが返済不能状態です。

つまり、収入が多い人は、それなりに借金の額も多くなり、収入が少なくてこの先も増える見込みがなければ、借金100万円でも破産はできます。

年金の受給だけで生活をしている人であれば、借金が少額でも破産自体はできることが多いです。

でも、これらはあくまでみやすです。
その人その人で個別に検討をしなくてはいけませんので、もし検討をしているなら司法書士等の専門家にご相談下さい。

平成25年9月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google+