個人再生

2013年10月23日 水曜日

住宅ローンが返済困難になったらごとう司法書士事務所(名古屋)/まずは

住宅ローンが返済困難になったら、どうするか。

リスケジュールで何とかなる範囲ならいいんですが、通常はそう簡単にはいきません。
しかも、金融円滑化法はすでに終了しています。

個人再生なら法的整理として、強制的にこちらの思い通り借金を変更できる場合があります。

収入状況等により、個人再生でも、小規模個人再生か給与所得者等再生の手続きを選択します。
普通は、前者の方が毎月の返済額も低く、有利です。
ただし、こちらの返済計画に対して、一定数の債権者が反対しないことが条件になります。
とはいっても、反対多数で個人再生ができないことはめったにありません。

この辺りは、専門家の腕の見せ所かもしれません。

債務整理の相談をしていると、住宅ローンの返済がかなり遅れており、金融機関と連絡も絶っているケースがあります。
もう少し早く相談に来ていたら・・・。
そんな気持ちになることも結構あります。

自分で思い込んでいることもありますので、ダメだと諦めずにまずは、電話やメールで聞いてみてはいかがでしょうか。

平成25年10月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+