任意整理

2014年1月15日 水曜日

借金の時効消滅手続きならお任せ下さい(名古屋)/内容証明

今日は、セディナに対する貸金の時効消滅を援用するための内容証明書を作成しました。

債権調査の結果、最後の返済が10年以上前でした。
通常は、法律上最後の返済から5年以上経過していれば、時効です。
途中、裁判等で時効が中断していれば別ですが。

貸金業者の中には、このように債権管理がきっちりとできていないところもあります。
返済が遅れても、裁判をされる人とそうでない人がいます。

勤務先が貸金業者に知れていれば、給与の差し押さえが入るかもしれませんから、注意すべきでしょう。
事実上、その職場で働けなくなるかもしれませんから。

平成26年1月15日


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+