自己破産

2015年2月18日 水曜日

破産の申立て後

今年に入って、破産を申し立てた案件があります。

私の場合、簡単に済んだ破産があまりないんですが、今回もやや裁判所に説明がいる箇所がありました。
収入からの使途不明金がありました。

ピンポイントでの証拠がなくても、状況証拠を集めて、ある事実を証明していくんですが、なかなか大変なことも多いんですよね。
浪費や財産隠しといった点に裁判所も目を光らせているので、何とか説明をしないと。。。

今の破産の制度って、基本は、書面審査ですから、書面できっちりと資料を提出すれば、大丈夫なんですが、過去の資料ってなかなかないことが多いんですよね。将来破産に使うなんて考えもしないでしょうから。

そこは知恵を出して、何とかするのが専門家(司法書士)としての腕の見せ所です。
無理なものは無理ですが、何とか説明がつく方法があることがあります
最後まで諦めずにいきたいですね。

今回の破産も無事、破産開始決定が出て、借金をゼロにする免責手続きへ進めることを祈ります。

平成27年2月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google+