自己破産

2015年3月 4日 水曜日

うまい破産のやり方

破産の申し立てを先日しました。

少し引っかかるかなって思える箇所がありましたが、何とか無事説明できたので、同時廃止決定を出してもらえそうです。

名古屋地方裁判所をはじめ、このエリアの地裁は、破産の際は、書面審査がほとんどです。
免責不許可事由があったり、何か問題のあるケースでもない限り、開始決定の段階で裁判官と面接などはありません。
過去に、私は面接のケースを経験したことがありますが。。。

何件も破産申し立てをすると、裁判所のチェックしている項目がわかってきます。
こういう点を注意深く観察しているなとか。

そういった経験を活かして、破産申し立てをしています。
どの部分を分厚く説明しようかなとか。
その辺りは、個々の専門家の判断ですね。

私の場合、これまで行った申立で、スムーズだった方が少ないかもしれません。
やっぱり、破産をするからには、何かしら後ろめたい部分を持っていることが多いですね。
破産法上問題なければ、いいんですけどね。

平成27年3月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google+