債務整理の相談

2015年7月 8日 水曜日

貸金業者が途中で変わること

債務整理の依頼や相談を受ける中で、不安に思われていることに貸金業者が変わってしまう点があります。

借りた当初とは、まったく違った会社になっている。
別会社だから、請求できないのではないか。
そんな疑問がわいてくると思います。

この点、基本的には問題ありません。

会社名を変更していたり、住所を変更したりすることは、長い会社の歴史の中では起こりうることですし、その前後で同一性がありますから、全く問題ありません。
また、貸金業の部門を別会社に譲渡していたり、又は、会社ごと別会社に吸収されていたり。
そんなこともあります。

例外もありますが、基本的には問題ありません。
まずは、調査すべきケースでしょう。

契約書や領収書等が全く残っていなくても、借金整理の相談ではよくあることです。
この点もご心配なく。

まずは、手持ちの資料で早めに相談して下さい。
借金相談は、早い方が良いです。
お金のストレスは、思っている以上に体に負担をかけているはずです。

ご参考までに。

平成27年7月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google+