自己破産

2015年7月23日 木曜日

小細工はやらない方が・・・

破産の申し立てをする際に、家計簿のようなものを裁判所に提出します。

そして、これが結構重要だったりします。

ここで使途不明金がみつかったり、貯金等の残高と合わなかったり、浪費が見つかったり。。。
免責不許可事由(破産できない場合)に該当してしまうかもしれません。

中には、飲食代等の外食費が多かったり、趣味で使ったお金が明らかになったりもします。
自分では気づかない支出がわかってきます。

一方、財産を隠して破産をして、破産詐欺として新聞に載ってしまうような事態もたまにあります。

破産は膨大な資料を裁判所に提出します。
裁判所もプロなので、なかなか隠し通せませんし、小細工を使うより、正しい事実をどのように伝えるか。
そこが大事な気がします。

それが、専門家の腕の見せどころなんでしょうね。

平成27年7月23日


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google+