ごとう先生のつぶやき

2015年9月26日 土曜日

借金の時効の実際

借金とかの時効って、聞いたことがある人もあると思います。

でも、この時効って、自動的に発生するものではありません。
「時効を使います!」って権利を主張してはじめて効力が生じます。
いわゆる時効の援用というものです。

だから、貸金業者等のサラ金が、時効消滅しているであろう貸付金の回収でしつこく催促をしてくるのは、間違いではないのです。
こういうケースの対処法は、いろいろありますが、そもそも督促等がストレスでいやだということであれば、時効を援用する旨を伝える必要があります。

伝え方は、内容証明等、ケースバイケースで選択をします。

ご参考までに。

平成27年9月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Google+