債務整理の相談

2015年11月14日 土曜日

借金と相続

借金問題では、相続が絡むこともあります。
亡くなった人の借金を相続してしまう場合です。

保証人となっている場合の保証債務も原則相続することになります。
ご本人様はそんなことも知らずになくなることも多いですが、残された方にとっては、予想外の事も多く、大変です。

仮に相続を放棄するにも家庭裁判所の手続きが必要ですし、心理的ストレスはかかります。
破産をする人であれば、別に問題ないことも多いですが、そうでなければ、相続する方が得か短期間で結論を出さないといけません。

この辺りは、結構きわどいケースもありますし、対応の仕方を間違うと、法的に取り返しのつかないことにもなりかねないところです。
大丈夫だと思っても、一度は、司法書士等の専門家へご相談された方が無難かと思います。

ご参考までに。

平成27年11月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google+