債務整理の相談

2016年3月 1日 火曜日

債権者が一番困ること

債権者の立場に立つと、一番困るのは、返済期日に返済がなく、全く連絡がとれないことだと思います。
支払意思がないのか、あるのかわりません。

こうなってしまうと、債権者としては、訴訟をするか否かを検討するしかありません。

逆に考えると、いくらか事情を説明して、債権者に連絡をとることで訴訟や給与差押え等の強硬手段を待ってもらうことができます。
これを自分一人で行うには、なかなかハードですから、通常は司法書士や弁護士等の法律の専門家へ依頼をすると思います。
これはいわゆる任意整理と呼ばれるものです。

債権者への連絡等の自分でやりたくないことを、司法書士等が行いますので、ご本人様の負担は少なくなりますし、給与差押えや自宅の差押等の最悪のシナリオを回避できるかもしれません。

お困りの際は、ぜひ専門家をご利用下さい。

平成28年3月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Google+