自己破産

2016年10月19日 水曜日

2度目の破産

破産は回数制限がありません。
破産と破産の間隔はあける必要がありますが。。。

とはいっても、そこではなぜ2度目の破産に至ってしまったのか?
一度目の破産の原因を踏まえて、どのように過ごしていたのか?
なぜまた破産しなくてはいけなかったのか?

ここがポイントになります。

裁判官もその点に注意している気がします。
破産開始決定前に審尋期日が設定されることも多く、裁判官の面談が行われることがあります。
そういう時こそ、いろいろなノウハウが役立ちます。
どこがポイントなのか。
そこを間違うと、裁判官の心証を害してしまい、破産が認められなくなる可能性があるからです。

安易な破産を許すことは、社会全体にもよくないでしょうから、仕方ありません。
破産原因を追究し、根本的な解決を図りましょう!

平成28年10月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Google+