債務整理の相談

2017年4月27日 木曜日

債権者の立場からすると・・・

借金の返済の相談の中で、年払いか月払いか検討する場合があります。
債務者にとっては、年払いの方が都合が良いケースがあり、そのような選択で迷うことがあるのでしょう。

でも、通常、債権者の立場で考えると、間違いなく月払いしか認めないと思います。

債権者からすると、少しでも毎月返済を確認できている方が安心できるからです。
特に返済方法の変更をするのであれば、なおさら心配ですから、年払いでは応じてくれないでしょう。

専門家の目線でも、債権回収の立場から同じことが言えます。

立場が変わればいろいろです。
ご参考までに。

平成29年4月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Google+