自己破産

2017年10月 4日 水曜日

生活保護と破産

生活保護を受けている方が破産をすることができるのか?

答えは、できます。

事情があって生活保護を受けている方が100万円以下の借金で破産をすることは普通にあります。
破産の可否は、借金は金額の大きさではなく、その人にとっての返済能力で判断されます。
職業、収入、家族構成などいろいろな要素を判断し、破産状態か否かを判定する形です。
だからケースバイケースと言えます。

また、生活保護を受けている方だと、現在は法テラス利用すれば、事実上破産費用(司法書士費用や実費を含め)は支払わなくて大丈夫です。
免除されることがほとんどです。

私自身、そういった形で破産をして費用も免除するところまでお手伝いしたケースはあります。

困りごとは、とりあえず、どこかで専門家の意見を聞いてみるのが一番です。
相談は無料なところが結構ありますし。

ご参考にしてみて下さい。

平成29年10月4日







このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
Google+