解決事例紹介

2017年12月12日 火曜日

時効の援用(知多市)【解決事例】

【ご依頼者様】 知多市在住 男性

【ご依頼内容】 何年も前に借りた借金の請求が最近届いた。ずいぶん前の話しだが返済しないといけないのか。家族と暮らしているのでどうしたらよいか教えてほしい。





【担当司法書士より】

この度はご依頼頂きありがとうございました。

過去に借金で家族がバラバラになった経験があるとのことで今回の請求には驚きや不安があったかと思います。
住所変更などをすると、債権者が新住所宛に支払いの督促を送る話はよくあることです。
今回のご依頼様のように驚いて相談に来られる方も多数お見えです。

今回もまずは債権調査を行い、取引内容を確認しましたが、予想通り最終の取引(返済)から5年以上経過しており、時効にかかっていました。
債権者である債権回収会社(債権譲渡により聞き覚えのない債権者になり不安だったと思います)に対して、時効援用通知を送り、無事終了できてよかったです。

また何かございましたらお気軽にご連絡下さい。
ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所

Google+