ごとう先生のつぶやき

2015年11月28日 土曜日

お金って大事

経済的に不安定なことがこれほど人に影響を与えるのか。

債務整理の相談や依頼を受けていてつくづく思うことです。

本来の自分を見失って、身勝手な人間になったしまう。
もしかして、それが本当の自分だったのかな。
そんな風に考えてしまうかもしれません。

でも、違うんだと思います。

人って、誰しもそう言うところがあるものだと思います。
だからこそ、経済的基盤を国が整備することってとても重要だと思います。

このまま格差が広がる社会になれば、少子化問題や犯罪増加は避けられないでしょうね。
一筋縄ではいかないですね、この問題は。

平成27年11月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2015年11月21日 土曜日

最近の破産手続き

破産の準備を進めていると、債権者から定期的に聞かれます。
「いつ申立しますか?」

司法書士や弁護士が受任後、一定期間で破産申立しないと、訴訟をしてくる債権者も増加しているような気がします。
破産するから、どうでもいいかと思いきや、勤務先が債権者に知られていると、それほどのんきにはしていられません。
判決後、給与を差し押さえられては、勤め先に訴えられたことがバレますから。。。

破産の準備が理由なく遅れ気味なことも多く、こちらにもいけない点があることもあって、なかなか悩ましいんですよね。
やっぱり、やると決めたら、集中的にやるのが一番です。
破産費用の積立てがあると、すぐにできないので仕方ないんですけどね。
色々な方法を考えています。

平成27年11月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2015年11月14日 土曜日

借金と相続

借金問題では、相続が絡むこともあります。
亡くなった人の借金を相続してしまう場合です。

保証人となっている場合の保証債務も原則相続することになります。
ご本人様はそんなことも知らずになくなることも多いですが、残された方にとっては、予想外の事も多く、大変です。

仮に相続を放棄するにも家庭裁判所の手続きが必要ですし、心理的ストレスはかかります。
破産をする人であれば、別に問題ないことも多いですが、そうでなければ、相続する方が得か短期間で結論を出さないといけません。

この辺りは、結構きわどいケースもありますし、対応の仕方を間違うと、法的に取り返しのつかないことにもなりかねないところです。
大丈夫だと思っても、一度は、司法書士等の専門家へご相談された方が無難かと思います。

ご参考までに。

平成27年11月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

Google+