解決事例紹介

2011年8月31日 水曜日

~完済した後に行った過払い金返還請求編~

【依頼者】 40代 男性
【相談内容】 借入れ先2社
【解決方法】 過払い金返還請求

ご相談時の話では、2社とも10年以上取引をしていて、10年くらい前にサラ金・消費者金融からお金を借りたということでした。
極度額は、100万円で一時は極度額ギリギリまで借りていましたが、何とか返済を終えたそうです。

最近になって、過払い金の話を目にするようになり、自分も該当するのかな!?と思いつつ過ごしていましが、不景気でお金が必要になってきたこともあり、思い切って相談に来られたそうです。

過払い金は10年で時効になる話を説明し、仮に時効になっていたら、司法書士報酬・費用はその時に話し合うことにして、依頼者の方が依頼により損をしないように約束をし、まずはご依頼をいただきました。

引き直し計算をした結果、相手方2社のうち、1社は、案の定、過払い金が時効にかかっていました。
金額は、100万円以上でした。
残った1社のについては、過払い金が約150万円ありましたので、こちらを何とか回収することを目指し、訴訟提起を含めて全面的にサポートをして、無事回収することができました。

時効の1社は残念でしたが、残りの1社でそれを挽回できましたので、大変喜んでいただきました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2011年8月30日 火曜日

~任意整理編~

【依頼者】 20代 女性
【相談内容】 借入先 3社   借金 200万円
【解決方法】 任意整理

相談時には、毎月の返済金額は3社で7万円程でした。
一方収入は、不景気の影響で、正社員を退職してアルバイト生活をしており、不安定な状況でした。

そ こで、毎月の返済金額をアルバイトでの収入内で無理なく返済していける金額で借入先3社と話をまとめるようにしました。過払い金はありませんでしたが、1 社は、違法な金利での取引だったので、法律で認められている金利で引きなおし計算を行い、結果的に、借金の合計は、150万円程になりました。

そして、毎月の返済金額が3万円程になるように相手方3社と和解交渉を行い、話をまとめました。
ご依頼から、3ヵ月後には、和解内容に沿った分割払いを開始することができました。

完済までの期間もはっきりし、安心して返済を行うことができて、喜んでいただけました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2011年8月29日 月曜日

~自己破産編~

【依頼者】 20代 男性
【相談内容】 借入先 7社 借金 約300万円
【解決方法】 自己破産

 景気の悪化に伴い、ボーナスや毎月の給与をカットされ、以前は支払えていた返済が厳しくなって、ご相談にこられました。知り合いに同じように専門家へ相談して解決した方がいて、話を聞いていたこともあり、破産手続きを希望されていました。

ま た、借入先の中に、すでに裁判をしてきている会社があり、給与差し押さえの危険もあったので、早急に破産申立ての準備をしました。破産申立て後も、借金の 原因に浪費(洋服代や旅行代など)があったことから、破産手続きが難航しましたが、当事務所も全力でサポートし、依頼者の方も誠実に対応していただいたこ とで、何とか浪費の問題もクリアできました。

破産申立てから3ヵ月後には、無事、免責許可決定が下りました。
給与を差し押さえられることもなく、職場にも破産を知られずに破産手続きを終えました。

依頼者の方はまだ若く、やり直しが十分きく年齢でしたので、今後は、このような事態にならないように十分注意してもらうようにお願いをして、ご依頼を終えました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2011年8月28日 日曜日

~任意整理・過払い金返還請求編~

【依頼者】 50代 男性
【相談内容】 借入先 3社 借金 約300万円
【解決方法】 任意整理過払い金返還請求

 ご相談のときは、各社合計して毎月約7万円の支払いがありました。会社の給与が減り、ボーナスの支給額も下がったことにより昔のように支払いができなくなったので、ご相談に来られました。

 当事務所での債権調査の結果、以下のようになりました。
① A社 借金約20万円(借金が約80万円減少する。)
② B社 過払い金約50万円発生(借金はすでに完済済みの状態)
③ C社 過払い金約80万円発生(同 上)

 当事務所が各業者と交渉や裁判を行うことで以下のとおりの結果になりました。
① A社 示談交渉により一括返済で和解する。
② B社 示談交渉により過払い金を回収する。
③ C社 訴訟定期をして、過払い金を回収する。

 まずB社の過払い金を回収して、そのお金でA社の借金を一括で返済しました。そして、C社は、裁判をして過払い金を回収しました。最終的に、依頼者の方へ残った過払い金をご返金して終了しました。依頼者の方も戻った過払い金で生活を立て直すことができ、無事解決しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2011年8月17日 水曜日

サイトデザインリニューアルしました。

サイトデザインリニューアルしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

Google+