自己破産

2017年10月 4日 水曜日

生活保護と破産

生活保護を受けている方が破産をすることができるのか?

答えは、できます。

事情があって生活保護を受けている方が100万円以下の借金で破産をすることは普通にあります。
破産の可否は、借金は金額の大きさではなく、その人にとっての返済能力で判断されます。
職業、収入、家族構成などいろいろな要素を判断し、破産状態か否かを判定する形です。
だからケースバイケースと言えます。

また、生活保護を受けている方だと、現在は法テラス利用すれば、事実上破産費用(司法書士費用や実費を含め)は支払わなくて大丈夫です。
免除されることがほとんどです。

私自身、そういった形で破産をして費用も免除するところまでお手伝いしたケースはあります。

困りごとは、とりあえず、どこかで専門家の意見を聞いてみるのが一番です。
相談は無料なところが結構ありますし。

ご参考にしてみて下さい。

平成29年10月4日





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2017年8月 1日 火曜日

破産の手続き

破産の手続きは、提出書類が膨大で結構大変です。

各提出書類の日付や記述内容の整合性もなくてはいけません。
だから、私の場合、破産申立て前は一気に仕上げる感じです(笑)
少しずつだと記憶があいまいになり、書類の整合性で間違えるかもしれませんので。

破産すると決めてから(通常は司法書士や弁護士等へ依頼をしてから)の債権者への返済や財産処分については、細心の注意を払う必要があります。あとからやったことが取り消されたり、不利益を被ることがあるかもしれませんから。依頼前だって場合によっては同じです。

その辺りを考えずにやってしまうと面倒なことになります。
例えば、古い取引先にだけ支払っちゃうとか。。。
気持ちはわかりますけどね。

そんな時は何かやる前に依頼をした専門家へ相談をすべきです。

平成29年8月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2016年11月30日 水曜日

破産っていう響き

破産をするか迷う。

破産をしてしまえば、振り返った時に大したことではないと感じるかもしれません。
皆さん、破産手続き後、通常の社会生活をしています。

心理的なものが大きいんだと思います。

でも借金で追い詰められてどうにもならないのであれば、いずれにしても破産を選択肢からはずすべきではないでしょう。
しんどいと思いますが、現状を冷静に分析して、現実的な解決策を模索すべきです。
一番大切なものを失ってしまう前に。

そういう場合、まずは、誰かに話を聞いてもらうことから始めてはいかがでしょうか。
話を聞いてもらうとだいぶ気持ちが楽になるのではないかと思います。

きっと解決方法はあるはずです。
あきらめないでいきましょう。

平成28年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2016年10月19日 水曜日

2度目の破産

破産は回数制限がありません。
破産と破産の間隔はあける必要がありますが。。。

とはいっても、そこではなぜ2度目の破産に至ってしまったのか?
一度目の破産の原因を踏まえて、どのように過ごしていたのか?
なぜまた破産しなくてはいけなかったのか?

ここがポイントになります。

裁判官もその点に注意している気がします。
破産開始決定前に審尋期日が設定されることも多く、裁判官の面談が行われることがあります。
そういう時こそ、いろいろなノウハウが役立ちます。
どこがポイントなのか。
そこを間違うと、裁判官の心証を害してしまい、破産が認められなくなる可能性があるからです。

安易な破産を許すことは、社会全体にもよくないでしょうから、仕方ありません。
破産原因を追究し、根本的な解決を図りましょう!

平成28年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

2016年9月13日 火曜日

外国の方の借金整理

外国の方の債務整理をすることもあります。

借金を作る経緯はそれぞれですが、日本語も完璧ではない方もいます。
だから、返済に困ったら、どうしていいのかわからないんだと思います。

取り立てがきてもどうすることもできず、きっと外国人だからと債権者から厳しい口調で追い詰められているなんだろうなと思う場面があります。
相談を聞いていると、気の毒な気持ちなります。

外国人の方でも破産はできますし、任意整理で返済額を減らすこともできます。

まずは、身近に相談できる人がいればいいんですが、なかなか。
インターネットで、片言の日本語の検索を使い、相談に来られる方もいます。
インターネットは、日本にいる外国の方にとって、とても心強く、大切なものなんですね。

自分が外国に行ったことを考えると・・・同じ気持ちです。

平成28年9月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ごとう司法書士事務所 | 記事URL

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Google+