借金問題 債務整理相談室 名古屋 HOME > 消費者金融やカード会社でキャッシングを利用したことがある方へ

消費者金融やカード会社でキャッシングを利用したことがある方へ

消費者金融やカード会社でキャッシングを利用したことがある方へのイメージ

1.余分な返済をしているかも!? ~過払い金の発生~

1.余分な返済をしているかも!? ~過払い金の発生~のイメージ

最初に契約をした契約書を見ると、借入100万円で金利が年29.20%。これは、ある消費者金融で過去にあった契約の実例です。
このように、過去には、上場企業の消費者金融やクレジットカード会社でさえも違法な金利で貸し付けを行っていました。つまり、今では有名な企業が相手でも、返金請求をすることができるのです。ただし、銀行本体は違法金利で貸し付けを行いませんので対象外です。

2.過払い金の対象となる取引

2.過払い金の対象となる取引のイメージ

過払い金が発生する取引は、お金の貸し借り(キャッシング)です。これと似て非なるものとして、クレジットカードのショッピングがあります。これは、いわゆる立替金取引と言って、カード会社が利用した代金を立て替えてお店に払ってくれる取引のことです。あくまで、商品の代金やサービスの利用料を立て替えて払ってもらうものであり、直接現金を手にするキャッシングとは異なります。
ちなみに、返済方法は問いません。リボ払いでも一括払いでも同じ過払い金の対象です。

3.返金してもらう方法 ~交渉?裁判?~

3.返金してもらう方法 ~交渉?裁判?~のイメージ

借りていた業者に単純に請求をしてもなかなか素直に払ってこないのが現状です。あの手この手と返済を渋ります。
一般の方が請求する場合と司法書士等の専門家が請求する場合とでも差をつけていると聞いています。慣れた業者と一般の方では、情報量や知識の差がありますので、不利な条件で和解してしまうケースもあるようです。
当事務所は、依頼者の方の方針で回収を図ります。早く欲しいのか満額欲しいのか。回収の時期と金額が判断材料になります。金額よりも早い回収か。遅くても多く回収したいのか。その間ぐらいでバランスをとるのか。
判断に必要な情報はすべて提供します。一緒になって考えましょう。

4.実際の返金までの流れ

4.実際の返金までの流れのイメージ

裁判をせずに交渉だけで回収をする場合、早ければ、1カ月後に回収できることもあります。ただし、一般的には3ヶ月以上待つケースが多いと思います。
裁判をして回収する場合、取引の状況によっては裁判が長引くこともありますが、通常、ご依頼後6ヶ月程度かかることが多いです。

Google+