借金問題 債務整理相談室 名古屋 HOME > 不動産を手放したくない方へ

不動産を手放したくない方へ

不動産を手放したくない方へのイメージ

「個人再生」での債務整理を検討

「個人再生」での債務整理を検討のイメージ

自己破産を選択された場合は、任意売却の場合でも競売の場合でも、不動産を手放して債務者への返済に充てることになります。
どうしても不動産を手放したくない場合、「個人再生」での債務整理をおすすめします。

個人再生は、借金の支払いが不能になりかかっている「個人」の債務者を、経済的に「再生」させるための法的な手続きです。
個人再生では、借金は法律の範囲内で大幅に減額され、その金額を3~5年かけて返済することになります。また、住宅などの財産を保有したまま債務整理できるなどのメリットがあります。
ただし、元々の住宅ローンの返済金額が大きい場合などは、そこに債務整理での返済額が上乗せされ、結果的に個人再生が認められない可能性もありますので、注意が必要です。

身内で解決できる事例も

身内で解決できる事例ものイメージ

絶対数は多くありませんが、「身内の方が不動産を購入する」という解決法もあります。
たとえば、家を任意売却する場合、売主の息子さんが買主となるようなケースです。これなら、不動産の所有者がお客さまから息子さんに変わるだけで、そのまま住み続けることが可能です。
これは、身内の方(この場合は息子さん)が一般企業に勤務していて、住宅ローンを組める状態にあることなど、いくつかの条件を充たす必要があります。

当事務所は、宅建(宅地建物取引主任者)の資格を持つ司法書士事務所です。不動産にかかわる業務も、安心してお任せください。

Google+