借金問題 債務整理相談室 名古屋 HOME > 毎月の返済金額を減らしたい

毎月の返済金額を減らしたい

毎月の返済金額を減らしたいのイメージ

「任意整理」、「個人再生」を検討しましょう

「任意整理」、「個人再生」を検討しましょうのイメージ

「毎月の返済金額を減らしたい」とお考えの方は、返済の意思はおありですから、「任意整理」または「個人再生」をおすすめしています。お客さまのケースに合わせて、最適な方法をご提案いたします。

任意整理の場合

任意整理の場合のイメージ

任意整理は、貸金業者やローン会社など借入先の会社と話し合いをして、借金問題の解決を目指す方法です。簡単にいえば、借入先に利息などを免除してもらうことで、支払い総額を減額し、毎月の支払い額を返済可能なレベルにまで下げることです。
任意整理は、あくまで相手(借入先)との交渉ごとなので、確実なお約束はできないデメリットがあります。

個人再生の場合

個人再生の場合のイメージ

借金の支払いが不能になりかかっている「個人」の債務者を、経済的に「再生」させるための法的な手続きです。主に、自営業者などを対象にした「小規模個人再生」と、サラリーマンなどを対象にした「給与所得者等再生」の2つがあります。
個人再生では、借金は法律の範囲内で大幅に減額され、その金額を3~5年かけて返済することになります。個人再生は裁判所に申し立てて決定されるため、債務者への強制力があります。

借金の時効

個人再生の場合のイメージ

借金にも時効があることをご存知ですか?

実は、消費者金融、サラ金やクレジットカード会社から借りたお金には時効があります。
法律上、貸金業者から借りた貸金債権は、5年で時効消滅します。
この時効は、弁済期の翌日から5年で成立します。
※訴訟提起等で時効が中断することがあります。

つまり、5年間借入れも返済もしない状態が続いている場合、借金自体が時効でなくなっている可能性があるのです。
また、時効を主張するには、その旨相手方に通知する必要があります。
その場合には、相手方に時効援用通知を内容証明書(配達証明付)で行うのが一般的です。

Google+