個人再生の流れ

個人再生の場合

個人再生の場合のイメージ

借金の支払いが不能になりつつある「個人」の債務者を、経済的に「再生」させるための法的な手続きです。主に、自営業者などを対象にした「小規模個人再生」と、サラリーマンなどを対象にした「給与所得者等再生」の2つがあります。
個人再生では、借金は法律の範囲内で大幅に減額され、その金額を3~5年かけて返済することになります。個人再生は裁判所に申し立てて決定される法的措置のため、債権者(消費者金融など)への強制力があります。

個人再生は自己破産と異なり、借金の理由は問われません。借金の大幅な減額はもちろん、住宅などの財産を保有したまま債務整理できるなどのメリットもあります。
その反面、返済する金額が高額になると利用できない、費用が比較的高くなる、書類の準備や手続きなどに1年ほどの時間を要する、というデメリットもあります。

Google+