任意整理の流れ

任意整理の場合

任意整理の場合のイメージ

「任意整理」は、貸金業者やローン会社など借入先の会社と話し合いをして、借金問題の解決を目指す方法です。簡単にいえば、借入先に利息などを免除してもらうことで支払い総額を減額し、毎月の返済額を返済可能なレベルにまで下げることです。
任意整理は、あくまで相手(借入先)との交渉ごとなので、確実なお約束はできないデメリットがあります。しかし今までの経験からいえば、債務整理する意志があるならまず検討すべき方法でしょう。なぜなら、借入先も「回収不能になるよりは、多少減額してでも回収できた方がいい」と考えているからです。

注意すべき点は、任意整理する場合はすべての借入先に債務の整理を依頼する必要があることです。ですから借入業者が多いほど、解決までに時間がかかります。通常は、示談交渉から数カ月が必要です。

Google+