運営:ごとう司法書士事務所、株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~19:00
定休日:土・日・祝
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

任意売却と借金の時効

家を売らなくてはいけない理由はたくさんあります。単純に住宅ローンの支払い以外にも返済があることも多いと思います。消費者金融のキャッシングの借金や、銀行のカードローンやクレジットカードのリボ払いなど。

返済が遅れて、債権譲渡されて債権回収会社(サービサー)に権利が移っている借金もあるかもしれません。いくら請求がきていても時効になっていることはあるのです。

ここでは、任意売却をする前にぜひ検討したい借金の時効について解説します。

時効

  • 1
    任意売却と時効

任意売却を検討するうえで、時効は重要な検討材料です。

多額の借金があったとしても、実は何十年も前のもので実は、法律上の返済義務がない可能性があるからです。法律上の返済義務が亡くなれば、法治国家である日本では、返済をする義務がなくなります。

つまり、借金ではなくなるのです。

このように時効を使って借金を大きく減らすことができるのです。任意売却や債務整理の際には、必ず専門家が時効の可能性について検討することになります。

自宅などを任意売却で売るのは最後の手段です。
時効を使えば破産だって回避できるかもしれません。

他の取り得る手段を徹底的に模索して、大切なご自宅を守るようにしましょう。

  • 2
    借金は勝手に時効になるの?

残念ながら、借金は勝手に時効でなくなりません。
期間の経過により自動的に時効で借金がなくなることはありません。したがって、時効を使う意思表示が必要なのです。

時効の援用といって、債権者に対して時効を使う旨を主張しなくてはいけません。

通常は書面で時効援用の通知をします。
特に決まった方式はありませんが、配達証明をつけて内容証明で送ったりもします。

 

 

  • 3
    時効の中断に注意!!

一定期間、債権者と債務者にやりとりがない場合、時効が成立しますが、途中で、返済の意思を示したり、借金について債権者から裁判をすると、時効の期間が変わります。

判決等の確定から10年になってしまいます。

つまり、通常の時効の完成直前で、裁判をされると、その後判決が確定して時効完成の期間が延びてしまいます。

知らずに裁判をされていることも多く、専門家に調査をしてもらわないとなかなか判断できないので、心当たりのある方は一度専門家に相談するようにしましょう。

  • 4
    その他注意点

時効の判断は難しいことも多く、自分だけでは不安になることもあると思います。

債権者に電話などをすれば、上手くやられてしまい、時効が中断することもあり得ます。

債権者に電話をする前に、専門家へ相談されることをお勧めいたします。

その他のおすすめ記事

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談はこちら

0120-290-939
受付時間
9:00~19:00
定休日
土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-290-939

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。