運営:ごとう司法書士事務所、株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~19:00
定休日:土・日・祝
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

相続不動産の活用法と売却時の注意点【名古屋のごとう司法書士事務所】

ここでは、任意売却に関するあらゆる角度からの情報をご提供していきます。必ず気になる記事が見つかるはずです。ご自身のお悩みの解決につながる記事をぜひ見つけて下さい。

相続した不動産を活用する方法について!|名古屋市の司法書士がお教えします!

相続について名古屋の司法書士が詳しく解説

相続によって取得した不動産の使い道は、なかなか難しいものですよね。

中には、「空き家のまま放置している」といった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、不動産には活用する方法がたくさんあるのです。
今回は、相続した不動産を活用する方法について名古屋の司法書士がご紹介します。

1 まずは様々な活用方法を知る

最近では様々なニーズがあるため、土地活用の方法も多くなりました。
そのため、まずはどのような活用の種類があるのかを知っておきましょう。

 

売却や自己使用は、相続した不動産の活用で聞くことが多いかと思います。
しかし、中にはアパート経営やマンション経営、戸建賃貸経営、賃貸併用住宅、サービス付き高齢者住宅経営といった活用をする方もいらっしゃいます。
高齢者用住宅経営は、高齢化する日本の現状をよく表していますね。
他にも、事業用賃貸や店舗併用住宅、駐車場経営、トランクルーム、太陽光発電と言った活用方法もあります。

2 費用や予算から選ぶ

相続した土地に建物を建てる土地活用を選択する場合、どうしても費用が高くなってしまいます。
しかし、土地や建物には担保価値があるため、借入金を利用すれば現金の支出は大幅に抑えられ、自己資金は少なくても可能です。
建物を建てるのではなく、土地活用の手段として貸地を選択する場合、土地だけを貸し出すため、費用の負担はほとんどありません。ただし、貸地として活用するためには、借主を探す手間は必要です。

 


初期投資が少なくて済むものとしては、未舗装の青空駐車場が挙げられます。
駐車場の場合、コインパーキングや有人の時間貸駐車場もありますが、これらは初期投資が必要な場合があります。

太陽光発電やトランクルームも同様に、広さや設備に応じて必要となる資金は変わってきますが、個人が行うレベルならそこまで高額になることもあまりありません。
当たり前のことですが、これらは費用負担が小さければ小さいほど、収益性も小さくなります。

3 転用性や資金回収期間で選ぶ

相続した不動産など自宅併用を除く賃貸経営では、利回り10%ほどを基本的な目安として運用することが多いです。
利回りが10%ということは、資金回収期間が10年程度という計算となります。

 

テナントに依存する事業用賃貸は、住宅よりも家賃を高く設定することができるため、回収期間が短いというメリットがあります。
しかし、その反面、テナントが埋まらなければ資金を回収できませんので、テナントを埋めるための施策が必要です。
こういったデメリットを解消するために、店舗併用住宅とする方法などもあります。
ご自身の希望に合った土地活用をご検討ください

まとめ

今回は、相続した不動産を活用する方法について名古屋の司法書士がご紹介しました。


相続について冒頭でも述べましたが、現代の日本において土地活用の方法は様々です。
また、土地活用の方法を選ぶ軸も色々ありますので、自分の軸とするものをまずは考えてみましょう。

 

名古屋で相続不動産の任意売却なら、ごとう任意売却相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談はこちら

0120-290-939
受付時間
9:00~19:00
定休日
土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-290-939

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。