運営:ごとう司法書士事務所、株式会社ウイングッド(不動産売却専門会社)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~19:00
定休日:土・日・祝
(ただし、事前予約により相談可能)

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-290-939

コロナの影響で借金の相談をするなら【名古屋のごとう司法書士事務所】

ここでは、任意売却に関するあらゆる角度からの情報をご提供していきます。必ず気になる記事が見つかるはずです。ご自身のお悩みの解決につながる記事をぜひ見つけて下さい。

借金問題解決の方法|名古屋市の司法書士が解説

コロナウイルスの影響で収入が減った時に知っておきたいこと

年に入ってから猛威を振るっているコロナウイルスの影響で仕事の収入が減ってしまったご家庭は多いのではないでしょうか。

終息が見えないこの状態では、いつ以前のような生活に戻れるのかわかりません。また、今回の事態をきっかけに、テレワーク等の働き方も変わっていくことも予想されます。

コロナウイルス感染が注目されていますが、その後は、解雇や転職など仕事にも影響が出る可能性があります。

 

住宅ローンの支払いや車のローンなど毎月の返済がある方にとっては、心配なことばかりです。今年のボーナスにも影響があるでしょうから、ボーナス払いを組んでいる方はボーナス付きの返済に備えなければいけません。

 

そこで、返済が難しくなってしまったときに考えたいことやいざとなったときの法的解決手段について、名古屋の司法書士が解説します。

1 まずは家計簿の見直しから

最初に着手したいのが家計の見直しです。

家計簿をつけている人は少ないかもしれませんが、これまで家計簿をつけてこなかった人もここで一度家族の収入と支出を冷静に分析してみましょう。支出を書き出すことで、無駄なものを見つけたり、新たな発見があるかもしれません。

入ってくるお金を増やすことは難しいとですが、外に出ていくお金を減らすことは努力次第です。

 

車の売却、携帯料金の見直し、保険の見直しなどこの機会に本当に必要なものだけを残して、不要なものをなくしていきましょう。

2 住宅ローンがある場合

自宅の住宅ローンがある場合は、先ずは、住宅ローンの支払いを優先させて下さい。

クレジットカードや消費者金融のキャッシングなど他の支払いもあるでしょうが、後述するように住宅ローンは何とか支払いを続けていれば、自宅売却をせずに済む可能性もあるからです。

 

全部の支払いが難しい場合は、優先順位を決めて支払いをしましょう。優先順位がわからない場合は、やはり司法書士などの債務整理の専門家へご相談した方が良いでしょう。

 

 

3 どうしても支払いが無理な場合

毎月の返済がいくつもあり、とても払っていけない場合は、最後に借金の法的整理を検討します。

法律を使って、合法的に借金を整理したり、現実的な返済可能額にしていくのです。法的な債務整理には、いくつか選択肢があります。それぞれのケースに合った解決方法を選びます。

 

ここでは、名古屋の司法書士が、代表的な債務整理の解決方法として、任意整理、個人再生、破産、任意売却についてご紹介していきます。

3‐1 任意整理

任意整理とは、各債権者でるクレジットカード会社や消費者金融と交渉をして、毎月の返済額を減額したりすることで、毎月の返済を可能にする方法です。

実際は、借金の総額を減らすことは難しいですが、上手くいけば、毎月の返済額を減らせて、以下で紹介する裁判所を利用する本格的な債務整理をしなくても済むかもしれないのです。

 

また、この任意整理では、毎月の返済額が大きくて苦しい債権者だけを相手に交渉をすることもできます。つまり、そのままの返済額でよいところは任意整理をしません。このようにして、司法書士などの専門家への報酬等の費用も少なくて済むのです。

この点、以下でご紹介する、個人再生や破産は、原則としてすべての債権者を相手にして手続きを行いますので、一部の債権者だけと交渉をしたり、一部の債権者にだけ返済をすることはできません。

3‐2 個人再生

個人再生とは、簡単に言うと、借金を一定額まで減額して、減額後の借金を原則3年で返済をしていく方法です。

住宅ローンを組んでいる人は、住宅ローンの返済を除いて上記のとおり減額の取り扱いとすることができるので自宅を守りながら債務整理をしたい人には、必ず検討しておきたい方法です。自宅を売却する後述の任意売却の方法は最後の手段をして考えるべきでしょう。

個人再生は、利用するにあたり借金の原因も問いません。通常、破産では認められないギャンブルなど遊びにつかった借金でも利用できます。

 

しかし、一方では、要件も厳格に定められています。

要件に該当することが必要ですが、要件をクリアしても実際に一定額まで借金を減額しても分割払いで払っていくことが難しい場合は、やはりこの個人再生手続きは利用できません。

 

上手く個人再生の条件に合えば有効な解決方法となりますが、上記のとおり、内容を精査していくと利用できないことも多く、借金の原因に問題があるケース(破産できない借金がある)や住宅ローンがあり自宅を守りたいなどの場合の利用が多いのかもしれません。

どうせ裁判所の手続を利用するのであれば、破産をして借金をゼロにした方が良いと思います。ブラックリストや官報に掲載されるなどの条件は同じです。中途半端に返済をしていくぐらいなら、借金を無しにして一から生活を立て直した方が良い場合があります。

3‐3 破産

破産とは、すべての借金をゼロにする方法です。

社会保険料(国民年金、国民健康保険など)や税金(固定資産税、住民税など)は破産の対象外ですが、その他のほとんどすべての借金を無しにできます。銀行の住宅ローン、クレジットカード会社のショッピング、キャッシング、消費者金融のキャッシング、自動車ローンなどすべての借金を対象にします。逆に言うと、一部の債権者の借金だけを相手に破産をすることはできません。すべての債権者を一律公平に扱いますので、すべての債権者の借金をゼロします。

 

このように強烈な法的効力を生じますので、破産法に基づき裁判所で厳格に運用されています。

破産は、債権者が嫌といっても債務者の方で破産手続きをすることで効力が生じます。このような破産手続ですから、いくつか要件も定められています。

 

例えば、借金の原因です。手持ちの現金がないので、生活のためにスーパーなどで支払いをカード払いにした、キャッシングで手にした現金で家賃を払ったなどにより膨らんだ借金は問題なく破産できます。
しかし、キャッシングで手にした現金でパチンコをした、競馬や競輪などで使ったなどの借金は原則破産できません。個人再生などの別の方帆を検討することになります。

3‐4 任意売却

任意売却とは、単なる不動産の売買ではなく、借金などの債務の清算を伴う不動産の売却のことをいいます。

 

典型的な例としては、銀行などの住宅ローンや社会保険料等の差し押さえが入っている場合の不動産の売却です。このような場合、先ず債務整理として本人の財産と債務を整理するために資産の売却をします。この売却により借金のなくなったり、残った借金は何とか任意整理等で分割払いができることもあります。

もし、任意売却をしても残債の返済のめどが立たない場合、次に残った借金に対して個人再生や破産手続きを検討します。破産をするケースが多いと思いますが、その場合でも、破産申立前に自宅を清算しておくことで破産費用を抑えることができます。十分メリットはあるのです。

 

任意売却は、上記のとおり法的整理が伴う不動産の売却です。不動差会社だけでは取り扱うことはできません。法律の専門職(司法書士や弁護士)が債務整理を行うにあたって、その過程の一部にすぎません。債務整理全体をみながら、任意売却は進める必要があるので、売却にあたって、通常の不動差会社ではなく、任意売却を取り扱える不動産会社に依頼をしなくてはいけません。

4 債務整理の司法書士費用の支払いは?

司法書士への報酬のお話です。

通常のご依頼であれば、ご依頼時にお金を頂くことが多いのですが、当事務所では債務整理のご依頼を頂く際には、柔軟に対応しております。
例えば、個人再生や破産といった手続きは、ある程度まとまった報酬が発生します。一括で支払うお金がないことが多いと思いますので、分割払いでの対応などご相談時に状況をお聞きして、報酬に関するご提示をしております。そのうえで、ご納得いただければご依頼を頂く形です。

 

もともと返済が難しくなった状況でのご相談ですから、すぐにまとまったお金を支払うことが難しいことは承知しておりますのでご安心下さい。

 

債務整理は、先ずは相談をして、依頼をすることで取り立て行為から解放されます。
当事務所ではここがとても大切なことだと考えています。

 

お金の支払いや返済に追われる生活はとても過酷です。経験をした人なら誰しも感じる事でしょう。精神的なストレスは計り知れません。気を張って生活をして自分では気づいていないかもしれませんが、相当体に負担をかけていると思います。
まだ子供も小さく働き盛りの方も多いと思います。子供は、親が笑顔で元気なことを何より望むのではないでしょうか。お金の問題で家族がバラバラなってしまうことはとても残念なことです。

 

 

債務整理は、決して後ろ向きな依頼ではありません。むしろ、これまでの生活を立て直す前向きのご依頼です。任意売却など、不動産である自宅を売却等で整理することもありますが、家族は残ります。家族がいれば、どこからでもやり直しはできます。借金でお困りの際は、先ずは、司法書士などの専門家へ一度ご相談下さい。

最後に

今回は、名古屋の司法書士が、特別緊急企画として、コロナウイルスの影響で司法書士がお役に立てることをご紹介しました。

 

社会が混とんとしている今だからこそ、粛々とやるべきことを見極めて着手する時です。

債務整理は、とても気が重い相談かもしれません。皆さん同じです。最初相談に行くまでは足が遠のきます。一旦相談予約を入れて、やっぱりキャンセルする方もお見えです。でもそれもいいのです。まずは、何か行動に移すことから始めましょう。

 

頭で考えているだけでは、残念ながら何も変わりません。やらない理由を探すぐらいなら、やれることを一つ一つ行動に移していきましょう。その積み重ねが数年後の自分を作ってくれます。

 

個人的な意見としては、借金の返済に人生をかける必要はないと思っています。生きていればどうしようもないことがいくつもあります。そのいくつかの事情が重なり返済ができなくなることもあるでしょう。自分の甘さが原因で借金を作ってしまったとしても必要以上に自分を責めないで下さい。

借金で将来の人生をなくしてしまうぐらいなら、返済をストップして下さい。そして、法的整理をしましょう。
法律がそれを認めています。そして、再スタートを切りましょう。何かをやるのに遅すぎることはありません。やると決めたときがその人にとってのスタートです。

 

些細なことでも構いません。疑問や質問があれば、ぜひ相談下さい。名古屋のごとう司法書士事務所では、インターネットを利用したネット予約が可能です。空いている相談希望日時を選択して、送信するだけです。すべて相談予約がネットで完結します。

 

こんな時だからこそ、一緒に頑張ってみませんか。当事務所では、債務整理でお困りの方をお待ちしております。

 

名古屋で債務整理や任意売却なら、ごとう任意売却相談センター

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談はこちら

0120-290-939
受付時間
9:00~19:00
定休日
土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

0120-290-939

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

住所

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内三丁目15番3号 TCF丸の内ビル7階

アクセス

名古屋市地下鉄桜通線又は名城線「久屋大通駅」:桜通線側の1番出口から徒歩5分
名古屋市地下鉄桜通線又は鶴舞線「丸の内駅」 :桜通線側の4番出口から徒歩6分

受付時間

9:00~19:00

定休日

土・日・祝(ただし、事前予約により相談可能)
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。